校長あいさつ
Home > 校長あいさつ

1.目指す学校像と使命

はり師、きゅう師養成施設の大幅な増加の中で、創立60年の歴史と伝統に裏付けられた鬼木医療学園 国際鍼灸専門学校の持続可能な発展を目指した改革を日々推進していきます。そのためには学園の資質向上と優れた東洋医学の医療人養成のための様々な情報・知識を得ると同時に正しい判断力を持って、現状にて最良の方法を見出し、これを推進してまいります。

~小さくてもきらりと光り続ける医療学園を目指す~

「すべては患者さんの利益のために」「病める人に対する奉仕的精神」を遂行できる医療人の育成を目指し、安心・安全な東洋医療を提供できる高い診断・治療の「技術」と「理論」、優れた人間力を兼ね備えたはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師を育成し、人類社会の保健・医療・福祉に貢献することを使命とします。そのためには、国際的な立ち位置に立ち、①臨床実習の充実 ②総合診断能力 ③東西医学理論の修得 ④治療師の品性の向上を図ります。そして、社会に対して責任を果たす学園、社会から期待される学園として、小さくてもきらりと光り続ける医療学園を目指します。

2.教育の理念・目標

人材育成とは才知ある人物、社会に役立ち貢献できる個人を育てることです。すなわち、教育の四本柱である徳育、知育、体育、食育を習得し、人間力の高い治療師として、患者さんの心を理解できる思いやりのある品性の高い人材、コミュニケーション能力が高く、物事をうまく処理できる人材、適正に活用することで活性的な組織を構築することができる人材と言った、次代を担う高い人間性を持った人材を育成する事が教育の基本的理念です。
そのためには、「独創的で発想力豊かな人材の育成を目指した教育の場」が不可欠です。本校では独創的なカリキュラム構成によって、「理論(根拠)に裏付けされた治療」として、東西医学の基本を徹底的に学び、個々の患者さんに合った治療、社会の変動に対応できる高い診断・治療の「理論」と「技術」を身に付けた医療人を養成することを目標とします。

3.養成校の役割と社会的責任

~はり、きゅう、あん摩、マッサージ、指圧のプロフェショナルを育成~

養成校の役割は建学の精神を中心とする教育の理念に基づいて、社会・国家・地球、人類の未来・発展に貢献できる人材の育成を行い、時代を超えて継承していくことが最も基本的な社会的責任です。そのために、本校では東洋医学の治療師になりたいという明確な目標を持ち、高い志を持って入学する学生に学校・教育生活の最終到達点、総結集として、グローバルな視点で次代の社会貢献に不可欠な東西医学の総合力、専門能力を持つ高い診断・治療技術を持った医療人を育てます。そして、卒業後はしっかりと国内外の社会に東洋医学の治療師として貢献できるよう、教育・研究に最大限のエネルギーを費やし、教員と学生の双方で教えることへの誇りと教わることへの誇りを共有します。

~医療人としてこころの教育、社会が求める人材の育成~

“人間形成の基盤を成すこころの教育として、様々な体験や体感を通して、生きるこころと生きる力、いのちを大切にするこころ、他者を思いやるこころ、前向きなこころといった人としての基礎を育む”、そして、社会が期待する、①前に踏み出す力(主体性を持って前向きに行動する力、実行力、働きかける力)②考え抜く力(課題発見力、計画力、創造力)③チームで働く力(傾聴力、状況把握力、発信力、柔軟性、人間関係力、ストレスコントロール力)を持った医療人を育てます。

校長 近藤雅雄

1949年東京生まれ、東京都立大学卒業後、厚生省国立公衆衛生院(厚生技官)、東京大学医学部研究生、徳島大学医学部研究生、昭和大学医学部特別研究生、国立公衆衛生院主任研究官、ロックフェラー大学客員研究員、厚生労働省国立公衆衛生院生体防御生化学室長、独立行政法人国立健康・栄養研究所栄養生化学室長、聖学院大学非常勤講師、山形大学医学部講師、東横学園女子短期大学教授、武蔵工業大学教授・学部長、東京都市大学教授・学部長等を経て、現在、東京都市大学名誉教授、聖マリアンナ医科大学講師。