教育訓練給付金制度のご案内
Home > 教育訓練給付金制度のご案内

専門実践教育訓練給付金について

「教育訓練給付金」制度とは

一定の条件を満たす雇用保険の被保険者、または離職者が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する制度です。


国際鍼灸専門学校は「専門実践教育訓練」の指定講座です!

対象者

受講開始日までに、通算して2年以上雇用保険に加入している方

(詳しくは、最寄りのハローワークにお問い合わせ下さい。)

給付額

支払った教育訓練経費のうち、40%(年間上限32万円)、更に、受講修了日から1年以内に資格取得し、被保険者として雇用された場合は、20%を追加支給(合計60%、年間上限48万円)。

支給の流れ

①ハローワークで「支給要件照会」

まずは、受給資格の有無をハローワークで確認します。

②ハローワークで「訓練前キャリアコンサティングの受講」と
 「受講前申請」(入学1ヶ月前まで)

ハローワークで、訓練対応キャリアコンサルタントによる、訓練前キャリアコンサルティングを受け、ジョブ・カードを作成します。ハローワークで配付する「教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認票」と「ジョブ・カード」を、ハローワークに提出します。

③ハローワークへ「支給申請」

受講開始日から6ヶ月ごとに、管轄のハローワークに対して支給申請をします。

④受講修了後、追加給付の申請

資格取得し、かつ受講修了後1年以内に被保険者として、雇用された場合には、雇用された日の翌日から1ヶ月以内に、ハローワークに追加給付の申請をします。